八王子市の児童手当の支給日(2023-2024年)

子育て
広告

児童手当の対象者

児童手当は、15歳になって最初に迎える3月31日まで(中学校卒業まで)の児童を養育している人に支給されます。
ただし、原則として、父母のうち所得の高い方が請求者となります。

八王子市の児童手当の支給日

八王子市の児童手当の支給日は、
2月・6・10月の各10日です。
なお、10日が土曜日・日曜日・祝日にあたる場合は、その直前の平日に振込みとなります。

それぞれ次のとおり4ヶ月分がまとめて支給されます。

2月(10月分,11月分,12月分,1月分)
6月(2月,3月,4月分,5月分)
10月(6月分,7月分,8月分,9月分)

児童手当の支給金額

児童の年齢などによって児童1人あたりの月額が違います。

3歳未満 15,000円
3歳から小学校修了前(第1子・第2子)10,000円
3歳から小学校修了前(第3子以降)  15,000円
中学生 10,000円

ただし、所得額により特例給付(上記にかかわらず、児童一人あたりの月額が5,000円)を支給する場合や、不支給となる場合があります。

現況届が不要となりました

令和4年6月の制度改正によって、次に該当する人を除いて、児童手当・特例給付の「現況届」の提出が原則不要となりました。

父母が離婚を前提として別居していて、子と同居する父または母が手当を受給している場合
DV(ドメスティックバイオレンス)などで避難していて、住民基本台帳上の住所地以外で手当を受給している場合
施設の設置者が手当を受給している(ファミリーホームや里親を含む)場合 など

児童手当の認定申請

出生や転入などのため新たに受給資格が生じた人は、児童手当・特例給付の認定請求が必要です。
原則として、認定請求があった月の翌月分から支給されますが、認定請求が遅れた場合は、手当を受給できない月が生じることがあります。

ただし、受給資格の発生日(出生日、前住所地の転出予定日など)の翌日から15日以内に申請があった場合は、月をまたいでいても受給資格の発生日の翌月分から支給されます。

また、公務員の場合は認定請求先は八王子市役所ではなく、それぞれの勤務先となります。

八王子市のあらまし

八王子市は、東京都心から西へ約40キロメートル、新宿から電車で約40分の距離にあります。おおむね盆地状の地形に市域が展開しており、周囲は丘陵地帯に囲まれ、東側で関東平野につながっています。

八王子市は、1917年に市制が施行されてから、2017年に100年間を迎えました。また、2015年4月には東京都で初めて中核市に指定され、人口約58万人の多摩地区のリーディングシティとして、21の大学を有する学園都市として成長し続けています。

八王子市の位置は都心から西へ40キロメートルで、鉄道や高速道路で東京都心部ともアクセスできます。